日比谷 線 の 脱線 事故。 営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

線 脱線 事故 の 日比谷 線 脱線 事故 の 日比谷

☺ その後の調査で上記の事故原因が判明し西立川駅の担当者は逮捕された。 寝台特急日本海北陸トンネル列車火災事故 [ ] 1969年(昭和44年)12月6日 6時20分ごろ 北陸本線敦賀 - 今庄間の内を走行中の青森発大阪行き寝台特急「」の最前部電源車から火災が発生した。 運転士が場内信号も見落としていたら注意現示以下に対応する東海型過走防止装置の防御対象外でのような高速冒進となる危険があることを示した。

12

列車脱線事故

線 脱線 事故 の 日比谷 線 脱線 事故 の 日比谷

😛 なお、輪重とは左右の車輪にかかるバランスのことで、バランスが崩れると脱線の原因にもなるので、定期的に左右のバランスを等しくする必要がある。

11

#生きるのがつらいあなたへ:「少しの時間、好きなことに逃げて」 尼崎脱線事故遺族・奥村恒夫さん

線 脱線 事故 の 日比谷 線 脱線 事故 の 日比谷

🚀 電動車いすは重量が重いため、踏切内で脱輪や車輪がレールの溝に落下すると利用者が独りで持ち上がるのが不可能になるほか、足が不自由なため踏切の外に避難したり非常停止ボタンの位置まで移動することも困難である。

4

列車脱線事故

線 脱線 事故 の 日比谷 線 脱線 事故 の 日比谷

☢ 富久信介さんは、とにかく将来が楽しみな17歳の若者でした。 事故現場は、8日前の9日にも土砂が流出したばかりの場所であった。

7

営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故

線 脱線 事故 の 日比谷 線 脱線 事故 の 日比谷

😅 その中でも大きな要因とされたのが、車両の静止輪重のアンバランスである。 そうあって欲しいと切に願います。 運転手は業務上過失致死傷他の実刑を求刑された。

15

#生きるのがつらいあなたへ:「少しの時間、好きなことに逃げて」 尼崎脱線事故遺族・奥村恒夫さん

線 脱線 事故 の 日比谷 線 脱線 事故 の 日比谷

⚠ 当該車両は、前面ガラス窓が破損し、11月18日に撤去されるまで4か月間にわたり現場に残された。 湯前線多良木 - 東免田間列車衝突事故 [ ] 1970年(昭和45年)11月15日 (現・)から逸走した貨車2両が、下り場内信号機の外方170 m付近に停止中であった気第623D列車に衝突し、旅客111名(重傷1名、軽傷110名)と、気動車運転士1名が負傷した事故。

10