原爆 遺体 立っ た まま。 地獄の中を逃げる 腕の皮膚は垂れ下がったまま 原爆を背負って(6)|【西日本新聞ニュース】

原爆から生き残る

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

😒 午後、私たち郊外の者は、市内が通れないので、造船所から船に乗って一旦宮島に渡り、そこから帰ることになった。 当時は「死の人影」と呼ばれた。 「大橋」と呼ばれていた。

10

忘れられない原爆の悲劇

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

😅 お母さんが、その女の子に 「あなた、自分で食べないの?」 と聞くと、 「私、もうだめ。

2

原爆と似島

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

⚓ 焼け焦げた我が身をかきむしり、空をつかんで、次々と亡くなられました。 翌日、姉の遺体を引き取りに行った。 窓からドアにむかって歩いているとき、やや遠くの方からやって来たような、中程度の強さの爆発音がきこえた。

8

�� �箔� �衣�, �€��⊥����准���萸甇颯�閮潸� ��鋡怠拿�矽�� �閬扯�瘜冽�!�� 摨雀�駁撏��鋡怠拿��€����眼��餃���! 151sesirus �萄��瑯���€��交�啜���拇��扼������柴敺∩��輸���€(_^_

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

😆 あの日は、朝から死体運びでした。

忘れられない原爆の悲劇

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

🤝 道に伏せて3分くらいたったでしょうか。

広島、1945 −写真が伝える原爆被害−/傷

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

✍ あらためて、水がほしかったのだろうと、不憫に思いました。

10

焼き場に立つ少年-長崎原爆投下後に撮影された一枚の写真

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

👎 それから1ヶ月あまりして、また発疹がでました。

9

【まだまだあった】原爆投下後すぐの広島の貴重なカラー映像

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

👋 「8月6日午前8時(西村幸之助)隊長宇品船舶司令部連絡のため乗船中に」 大阪府茨木市 坂下直重 その前夜は、警戒警報が一晩中発令されており、私たちは船で警戒態勢をとっていました。 」 爆撃で火葬場も壊れて使えなくなっていると言うのです。

2

【カラーで見る】原爆投下7ヵ月後の広島が衝撃的すぎる

立っ 原爆 まま 遺体 た 立っ 原爆 まま 遺体 た

☯ しかし薬も包帯もないとき、それ以上の何ができるだろうか。 我々は近くにいる負傷者たちにおにぎりを配り、自分たちも食べた。

2